SACOPELLI DAYS

ブログお引越し

ブログをお引越しました。

以後は下記のブログを使っていこうと思っております。

http://ameblo.jp/kuwasaka-aoi

どうぞ宜しくお願い申し上げます。。。
スポンサーサイト

ほぼ日手帳アンリカバー「LEGENDE」

henry-5.jpg

「かわいすぎていらないかも」と言っていたアンリさんの、
しかもカズン用カバー「LEGENDE」をゲットしました。

いろいろありましたけどw
(分冊アンケートのタイミングがエグすぎ)

今年の秋までの命だったらどうしましょうかね!
こんな高い買い物久しぶりなのにー。


さておき ʅ(ツ)ʃ


ポケットも使わないし、栞もひとつあれば十分なので
とくに不便は感じてません。

これまでヌメ革のカバーを使ってましたが、

やっぱりいいものはいい です。
はー贅沢。

キャンセル権・返品権も頂いてたんですが、
背表紙の白い犬がねー、
なんかじっとこちらを見るんですよ。

henry-2.jpg

この白い犬、犬がど真ん中のせいで
「遅れてやってくる」「歩いてるけど遅い」
みたいな感じがするんですが
それが愛しくなってしまい、
手離せなくなりました。

これは実物の魔力ですよ。
写真じゃ伝わらないかも。
実際お会いした方には、お見せしますね。

あ、でもそれも
「うちのわんちゃん最高」病かもしれないから
伝わらないかもw


あ、そうそう

ほぼ日さんサイトでは、
カズンのカフェ色カバーには「犬とヤシの木」なんですが
うちに来たのは「歩く犬」でした。

これ、クレームつける人はつけるよな~。。。
カズンカバーの情報が全然あがらないのは、
こういうこともあるのかも、と思っています。

サイトに書いとけばいいよね。


henry-7.jpg

バタフライストッパーの縫い目も赤でした。
全体的に赤と白の糸しか使われてなくて、
そのシンプルさもぐっと来てしまいました。
(これもイヤな人はイヤかもしれない、でも私は可愛すぎず、ほっとしました)

そんでもって、シルバーチャームは一番わけのわからないコレ。

henry-6.jpg

他の二つはなんとなくわかる。

chenry_charm.jpg
※画像はほぼ日手帳サイトより

左のは、「大きな樹になる種」とかで、成長とか可能性とか。
真ん中のはそのまんま「太陽」、恩恵とか明るいとか、エネルギッシュとか。

で、右のコレは??

「同じアパートにすむ他人同士(ふれあいなし)」

にしか見えなかったんですが(笑)、
ひっくり返しても同じように見えるのと、
「α to Ω」かなということで、
始まりと終わりは一緒、みたいなことに解釈することにしました。

そのうちほぼ日さんに聞いてみたい。
実は作った人のイニシャルとかかもしれん。


(゚д゚)! 万歳する人・上下!?

「アレじゃないですか?」ってひらめいた人は
ぜひ教えてください。




いやー
「アンリさんのカバーはなんか違うよ」って
皆言うけど意味わからん、
トラベラーズノートの革と変わんなくない?
と思ってましたが

犬すごい です。

猫派だから 心動かされないって思ってたのになー。

もちろん革も違いました(笑)
裏側とか端の処理とか。
使うともっとわかるんでしょうね。



もしほぼ日手帳が分冊されたら
後ろ半分にA5ノート(トモエリバー)を挟んで使えたらいいなぁ、

と分冊アンケートにも書いておきました。

「一年一冊」派になりそうだなって思うけど、
もし分冊されたら、それも使ってみたいとは思っています。



henry_pen.jpg

ペンの握り手もカバーの色に合わせて変更しました。

本体はスタイルフィット・マイスター5色、
握り手部分はフリクションボール・ウッドのダークブラウンです。

5色ペン手帳術なので、どうしてもこれになってしまいます。



どうしても縁のないこと



昔から絵を描くのが好きで、
何かしらコソコソと描いては
長いブランクを迎えていますが

これが全く、「習えない」のです。

芸術系の高校や大学に進学したかったのですが
親の反対により呆気なく断念
(弱い)

まぁ絵はいつでも描いてられる、
という気持ちもあったかも。

仏画をやりたくて教室を探しても
ちょうど良いスケジュールではないし
場所も不便だったり。

それで、好きな仏画を描かれる
先生(京都)の仏所の彫刻を
始めてしまいました。

仏像彫刻の中でも
絵を描くこともあるかなー
とか思ってたら全然でした(笑)

ここまで「師」に会えないのも
学ぶ機会が持てない、
習えないのも、
自分がそれを選べないからでしょうが
あまりに縁がない。

ここまでになると、
何かしらあるんじゃないかと
思うようになってきました(笑)


特に水彩画が大の苦手で
小学校の時は苦労、
いや苦渋をなめました。

うまくいかない。
色がどんどん濁っていくばかり。

でも今また水彩に
チャレンジしたくなっていて、
なんでもいいから、小さくスケッチしています。

描きたい物がわからないなら
何でもいいじゃない、って
そこらへんのものをピックアップ。

描き始めると何にでも
「おおっ!
と思うことがあって、面白いです。

さていつまで続くことやら。。。

貝合わせを作る、つもり

昨年末、たくさんのはまぐりを頂きました。
私は貝がダメなんですけど
(どこ噛んでいいのかわからない)
加勢先生が美味しくありがたく、頂きました。

で、殻がたくさん出たので、
貝合わせでも作れないかな~とうすぼんやり思い、
制作工程を調べてみたところ、
資料が全然なーい。

で、プロとして作っておられる方も状況は同じようで
少ない情報の他には独自の方法を開発して
作られているっぽいのです。

が、

始めは一緒、

「三ヶ月水につけて腐らせる」

!?

貝殻って腐るの??
あの蝶番みたいなとことか??

とにかくそれで「皮をむく」らしく、
その「皮をむく」のが大変なのだとか(笑)

貝に皮!?
あるの!?!?

・・・とまぁ半信半疑、面白半分もあって、
水につけっぱなしにしてみました。

時々水を替えてたんでですよね。
それでこの日も、替えたんです。

そろそろ水に浸けて一ヶ月になる貝もあるだろうから
(食べた順)
変化はないかなーと見ていたら


なんか端が浮いてる?
表面もボコボコしてる?

P1140808.jpg



・・・・むけた!!!(笑)

P1140811.jpg

すごーーーーい!!!!!!!

ぶあつーーーーい!!!!(爆)

例えていうなら、事務デスクに敷かれた透明ビニールのマットみたい(笑)


その下の貝殻は、とっても美しいです。

まだくっついているところがたくさんあるので、あと二ヶ月くらい放置してみます。
しかし本当に困るのは、そのあとだなー。

どうやってこんなちっこい曲面しかも凹面に絵を描くんだ?
というか、絵を描きたいわけじゃなくて
何か、かわいいアイテムにならないかなーーーと
思っているんですが、アイデアが浮かびません。

私に截金の技術があればなーーーー。

まだ時間はありますので、
何かひらめくのを待ちまーす。

仕事場のスケジュール管理に「ジブン手帳」!



なんという贅沢、、、
ありがとうございます。

仕事場のスケジュール帳、
お客様の予約管理と、
打ち合わせやらイベントの日程やらを管理するのに、
ずっとエクセルで自作したフォーマットを使ってきました。

どういうのかっていうと、こういうの
20131214-3.jpg

ホリゾンタル・マンスリーとでも言いましょうか。
一ヶ月のスケジュールが見れます。
これの後に、補足のメモ(週間)をつけています。

しかしファイルがボロボロ。
20131214-2.jpg

革が剥けて、机の上に置いてあるものに
黒い点々がついてしまうようになりました。

ありがとう!そろそろお役御免だね~!!

それに自作だと、たまに祝日の色を付け忘れて、
「平日配送で」っていうお客様の希望を危うくすることがありました。
これはヨクナイ。

そこで、年度ごとに保管できて、出張とかでも持っていけるような
会社のスケジュール帳を一冊購入して、置きましょう!
ということになり、この「ジブン手帳」を選びました。

選んだ理由は、

◆24時間表記
うちの仕事は24時に終わることも、いや、終わらないことも多いですから。

◆コンパクトかつ適度な大きさ
持って歩くかもしれない想定です。
あと、今までのが大きすぎました。(A4サイズ)
机の上を陣取ります。
先生と私の机の境界線で、ファイルをぐいぐい押し合いに(笑)

◆ハードカバー
これまでに使っていた革っぽい(本当に革かどうか忘れた)ファイルは
以前のオフィスの折には人目に触れる可能性がありました。
今後は隔離された事務室に置くので、そこまでの品質は必要ないのですが
出張で持っていって、人目に触れてもいい適度な品質は保持したい。
豪華すぎず、シンプルでちょうど良いです。

◆いくらでも書けるメモ帳がある
これは今のところ、まぁどちらでも良いのですが、
ぱっと電話がかかってきたりして走り書きするのに、
「IDEA」を使おうと思います。
そしたら貴重なメモを捨てたり、「どこに書いたっけ?」
というようなこともなくなるでしょう。

◆私が前から使いたかった
うふふ(笑)

でも、
個人的に使うのは、ほぼ日カズンと決めています。
一日に書込みできるメモスペースがないと困るのです。
それと、ライフログも兼ねていますから、カズンくらいの大きさが欲しい。
(仕事でまるっと埋まることも多いですが)

でもでも、
Facebookの「ジブン手帳」ページで、
皆さんの「ジブン手帳に決めました!」を見るにつけ、
使ってみたい気持ちがふつふつ。

でもでもでも、
個人的に使うには、中のデザインが私っぽくないんです。
フォントとかの四角い感じ、カラフルさの明度が高い感じとか。
仕事の時に使うだけならアリかな、と思いました。

---

この手帳は、
「まっさらまっしろな手帳だとどう使っていいかわからないけど
 なんかライフログを残してみたい」
という人にぴったり。
他にも機能はあるけど下記がその点優れてる。

・一日のタイトルがつけられる
・朝、昼、晩のご飯ログがつけられる
・天気が記録できる
・一日の気分がつけられる
・一行日記が書ける

うん、やっぱり父にプレゼントだな。
今年のお正月、どういうつもりで言ったのか知らないけど

「なんだか時間を無駄に過ごしている気がする」

とか言い始めたもので!

面倒がってつけないかな~。
なんだったら上記項目を〇つけてくれるだけでもいいんだけど。
おじいちゃんも日記つけてたよ?
私的には、「LIFE」で家系図を残してくれるとありがたいです(笑)

まぁ、だめもとで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。