FC2ブログ

SACOPELLI DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ日手帳2014

とうとう来ました!待ってました!楽しみにしてました!(笑)
ほぼ日手帳に戻ってまだ一年も経っておりませんが、
手帳ってこんなに大事なのね、って感じております。

※画像はすべてほぼ日さんサイトから拝借しております
http://www.1101.com/store/techo/2013-08-23.html

さて、カバーで絶対に次こそ!と思っていたのがこちら、
カズンのヌメプレミアム~!

カズンヌメプレミアム

オリジナルとカズンの両方を使ってみましたが
オリジナルだと文字ちっちゃく書かなくちゃ、ってなります。
できなくないんですが、
後で見返した時に

「こんな小さい文字書いてる自分コワイ」

ってなりました(笑)
でもオリジナル・・・というか、こちらのカバーが捨てがたい。
やっぱり大好き「arts&science」。

weeksブラックポーター

裏側の、羽根を留めてあるデザインが良いです。
でもまぁ多分、カズンヌメ一本かな~。

他に気になってるのは、カズンのアンリカバー。

カズンアンリカフェ

アンリカバーは抽選が外れたので、未体験ゾーンです。

このブログのラインナップを見ておわかりかもですが、
私はシンプル好きです。

アンリカバーも「犬の刺繍とかいらない」と思ってるのですが
革の縫い合わせ部分がかわいい。
革の変化も良さそう。

今年、オリジナルを使っていた上半期は
arts&sciencesとのコラボのヌメ革カバーを使っていました。
このカバー、むちゃくちゃ革がいいんです。
MDノートの革カバーが再販されたので、
わくわくして店頭に見に行ったのですが
あんまり革の質が良さそうに見えませんでした。

革の品質って大事だなと思いました。
hobonichi plannerのカバー、高い高いって言われますが
それだけのことはあるなって、使ってて実感しました。
シンプルゆえに大事な点です。
飾りはいらんからそのへんだけ保証してー!と思っています。

ヌメプレミアムはどうかな~。
名前の「プレミアム」の部分に期待しております!


さてそれでarts&sciencesさんのサイトをうろついてて
「こんなのあるんだ、おもしろそ~」
とアトレ恵比寿のSmithで買ってみたのがコレ。

sbn.jpg
Super Binding Notebook

A4用紙をはさみこんだり、チラシをはさんでいったり
ゴムバンドでなんでも留めて、っていう仕様のバインダーノート。
手触りほこほこ感が紙マニアの心を掴みそう。

ネットにマニュアルが出てます。
マニュアル1は商品の中に挟まれてます。

SBN MANUAL 2
SBN MANUAL 3
SBN MANUAL 4

さてどうやって使おうかな。
来年のほぼ日手帳はジッパーズでなくなる予定なので、
A4資料はさんで持ち歩く用になりそうな気がします。
これだと同じA5サイズなので、まとめて持ち歩きやすそうかなと。

また、書き殴り用のメモ帳が「コピーしそんじ裏紙」なので、
それをとめておいてもいいかなって気もするな。
その時のペンは絶対にこれ。太さは中字。
putti.jpg

デザイン事務所務め時代、上司のデザイナーがこれを使ってまして
私もそれにならい、習慣になりました。

なんとなく、「丁寧に」じゃなくて「雑多な感じで」使ってみたいです。

結構アイデア系は裏紙に描いたりすることが多いのです。
良くないんですけどね。
でも仕事中、しばらくその落書きのようなものが大事になったりします。

ちなみにarts&scienceさんとのコラボSBNは革で高価です。
かっこいい。絶対いい革なんだろうな(信頼)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。