FC2ブログ

SACOPELLI DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年だっ。

20110105-1.jpg

年が明けたぞーい。
新年はいつも張り切っております。
今年はお寺を巡りまくり。
そんなに回る気はなかったのですが、元旦の高野山でアガリまくったので、
その気分をもう一回!と言わんばかりに出かけました。

奥の院のお大師さんの霊廟のまん前、いーわー。
なんやろ、あれ。
愛とか空(くう)みたいなものの感覚の気がする。
たまらん。

あと唐招提寺もよかった。
「ワシはさっぱり(気とか霊とか)わからん」と言い張るけど、
加勢先生認定の勘持ちで色々寄せ気味・泉体質の父も
「あれー、えらいええやないか、ここ。」って言ってたし、あそこはいい。
なんか空気がさらっさらのキラッキラだった。
夢に出てくる天国とか桃源郷の、あれ。

「うん、やっぱりお寺が好き」
というのを確認してきたようなお正月でした。



昨年の後半
仏様とか神様とかについて、わからなくなってた。
特に何かあったわけではないけれど。

仏様や神様のような存在を感じたい
「御しるし」みたいなものを経験したい

・・・という気持ちがなくなった。
というか霧散した感じ。
(若干霧のようにあたりを漂ってる気がする)

あんなに好きだったのに。。。
その状態をどうしたらいいのかわからなくなってました。

仏様彫ってても描いても
ぐっとこないし
次の一刀が全然見えてこない。
当たり前。
だのにやらなくてはいけない気になる。
そんな状態でやるから実際に怪我もする。
指を切る。
落ち込む。
そんな感じのループから出られなくなってました。

信心を失うというのはコレやな、という感じです。

理屈抜きのその感じから
抜け出すきっかけも理屈抜きの出来事で
多分、
消耗・枯渇してたんだなーと思います。

なんかちょっと、信心の在り方も変化したんだと思うのですが
どう、とは言えないです。


なにはともあれ、
お大師様ありがとうございます。

20110105-3.jpg
お大師さん下敷き。御屠蘇いただくところで、いただきました。



下敷き・・・

使うかな・・・(=_=)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。